トップ  > TOPICS > 社員の雑記帳

TOPICS

社員の雑記帳

 Baby blue eyes

ひたち海浜公園でネモフィラ鑑賞をしてまいりました。

GW初日で、県内や県外、海外から来られている観光客の方で公園内は賑わっておりました。

公園内に入場して森林道を歩き進むと、視界すべてが青一色に変化しました。

とても素晴らしい景色を眺めることができ、リフレッシュすることが出来ました。

社会人生活が始まり1ヵ月が過ぎ、日々いろいろな体験をさせていただき、自身の成長に繋がるように今後も努力していきます。

2017.05.03   R.A

♪サクラ咲く

4月7日13時頃の九段下、昭和館から北の丸公園へ向かって撮影しました。

子どもの入学式があり、午後からお休みを頂きました。

この日は武道館で大学入学式とお花見のお客様で大変な賑わいです。桜を見ると心がうきうきしますね。

4月から新社会人の皆さん、入社おめでとうございます。頑張ってください。応援しています。

2017.4.10 総務G S.I

週末450キロドライブ

冬の茶臼岳を見たさに那須へ一走り。

途中、織物の町 桐生へ立ち寄り、大川美術館で開催中の企画展「女性像の魅力」を。

1989年(28年前)に当時、西友桐生店の社員寮を改築し開館。水道山の傾斜地に五階建。眺望もよく、建物も個性的、ソファに座り鑑賞できる。設計者は画家、松本竣介氏の次男 莞氏(建築家) 。松本竣介氏、野田英夫氏は大川氏が数多くの絵画を所蔵している画家である。

お二人の「心象風景」を常設展示、また企画展には上村松園、長谷川利行、伊藤深水、藤田嗣治らを中心に数々展示していた。

これと合わせ、栃木県氏家のさくら市ミュージアム 荒井寛方記念館で、企画展 平山郁夫「シルクロードを行く」も鑑賞。

同じく地元出身の日本画家 荒井寛方氏(仏画で日印文化交流の先駆者)は、明治、大正、昭和時代に日本美術院を舞台に活躍した。

巨匠平山氏が生前、尊敬の念を持っていた方で深い繋がりがあり、同企画展は同所で5回目の開催であると聴いた。お二人の遺作とその時代に残された足跡に感動した。

赤城山、日光連山、那須連山の雪景色と名画を楽しんだ二日間でした。

2017.2.13 社長

 

観劇☆感激

最近行った公演を紹介します。

銀座 博品館劇場「緋色八犬伝(AKEIRO HAKKENDEN)」

HKT48の多田愛佳さん主演の戦国八犬伝のお話です。躍動感溢れる殺陣とダンスに圧倒されました。撮影禁止なのでパンフレットとロビーのお花を。

博品館は小さな劇場なのでどこからでもよく見えますが、席は前から2列目。キャストの息づかいまで聞こえて興奮しました。

かつしかシンフォニーヒルズ「スターダスト☆レビュー」

35周年記念ツアー かつしかシンフォニーヒルズ公演に行きました。歌はもちろんですが、根本要さんのMCが最高。MCでDVDがあるのは、僕とさだまさしさん位ですと笑っていました。休憩時間が20分程ありましたが、その間もずーっと根本さんのマシンガントークショー。5時から始まり、8時半に終わりました。

写真は見づらいですが、演奏した曲目。終演後、スポンサー様より一人一本ずつミネラルウォーターのお土産を頂きました。曲は知らなくても、充分楽しめるコンサートでした。

2017.2.7 営業管理G S.I

 

 

 

 

 

北斎がやってきた!

我が町に北斎がやってきた!

すみだ北斎美術館が2016年11月22日にオープン。

2017年1月15日で第一回企画展 「北斎の帰還」が終了しました。

次回企画展は「ピーター・モースと楢崎宗重二大コレクション」です。

ゆったりとしたとは言えませんが、コンパクトな4階建ての建築。

皆さまに愛される美術館になる様、願っています。

写真上は、妹島知代氏設計の完成予想図。

写真下左は、竣工写真。右は、館内からのスカイツリー。

2017.1.26 社長

 

 

富士山

先日、年始の挨拶に神奈川のお客様へ向かう途中、目の前に雄大な富士山が現れ、思わずシャッターを・・・

やっぱり富士の山は日本一だ!!

 

2017.1.13 営業G

パブロ・ピカソ「ゲルニカ」

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、東京は連日10度前後の穏やかな日が続きました。7日間のお休みを頂き、社員一同リフレッシュ。

本日5日より業務を開始しました。

そんな中、年末年始の挨拶廻りをする合間に、ピカソの絵画「ゲルニカ」の摸写が丸の内オアゾにあると以前テレビで見たことを思い出し見て来ました。

1937年、スペインの内戦で社会主義勢力と保守勢力の対決があり、ピカソは社会主義者、ドイツ空軍コンドル軍団による爆撃を受けた。

その都市ゲルニカの惨状を想い描いたと聞いている。

ご興味がある方は摸写ですが、お近くに行かれた際にご覧ください。丸の内オアゾ1階丸善書店の側、ロビーにあります。

2017.1.5 社長

お遊戯会

先日、甥のお遊戯会へ父の代打として見学に行ってきました。

甥が引いた抽選番号の座席に座り、三脚を使ってはいけない為、ビデオを片手に甥のお遊戯会を見ていました。

劇が始まると、隣の姉が息子の姿を見て泣いており、なかなかの親馬鹿っぷりを発揮していました。

ただ、頑張りすぎたのか翌日になり、甥が風邪を引いてしまいました。

2016年も残すところ、あと半月となりました。

寒いですので、皆さんも暖かくして風邪を引かないようあと半月頑張って過ごしましょう!!

2016.12.15 営業G Y.N

 

 

いざ鎌倉

2月14日(土)好天の中、久しぶりに鎌倉を訪ねた。

目的は、毎年春に開かれる氏家浮世絵コレクション「肉筆浮世絵展」を鎌倉国宝館を見に行く為。葛飾北斎、歌川広重ほかの江戸時代に執筆された作品の数々が展示されていた。肉筆画は版画と違い細やかな色、筆使いが見事で作者の豊かな色彩描写が伺える。今年はコレクション設立40周年と言う、海外流失を少しでも食い止めようと戦火からコレクションを守り通した氏家武雄氏の志が感じられた。

地元墨田区に「北斎美術館」がやってくる。生誕の地墨田、全国に北斎ゆかりの地は多いが完成するすみだ北斎美術館の完成が待ち遠しい。

 

 

 

鶴岡八幡宮と言えば大銀杏、2010年3月の強風で倒木してが残された根から若芽(ひこばえ)が見つかり順調に成長している「がんばれ、大銀杏」の立札が目についた。

由比ガ浜海岸ではたくさんのサーファーとトンビが海、空に元気に溢れ。沖には大島がくっきり見え、立春における晴天の一日をおしゃれな鎌倉で楽しんだ。

 

2015.2.17 社長

バックナンバー

過去の記事はこちらからご覧ください。

東京ワークライフバランス認定企業

公益財団法人みちのく未来基金

AJA UKAS

小菅株式会社

〒131-8585
東京都墨田区東向島2-33-2
TEL:03-3619-8811
FAX:03-3619-0055